代表メッセージ

Growthix Capital株式会社(グロウシックスキャピタル)代表取締役CEO 中島 光夫

Growthixの社名の由来は、企業理念にある「6つの文化」を社会に醸成する事、事業内容を通じて企業に健全な「揺変性(thixotropy))をもたらす事に邁進するという二つの意味を掛け合わせたものです。
昨今、同業種にあたる企業が乱立する中で、ビジネス上の体裁は様々ですが、結局は「確かな実力のあるメンバー」が、何のための事業活動かという「社会に対する確固たる使命感」を持つ事が、企業として、また人間として生きていく上での原理原則であると捉え、そこに共感するメンバーのみで創業致しました。
私たちは、社会問題となっている事業承継問題に真正面から向き合い、未来の価値を創造する事に寄与し、メンバー一同の粉骨砕身の尽力は勿論、同業や各方面との連携も厭わず、俯瞰的な視点で日本社会の発展に貢献する所存です。

Growthix Capital 株式会社
代表取締役CEO
中島 光夫

– 代表経歴 –

大学在学中、ラグビーの日本強化選手としてニュージーランドにて活躍。
米国系コングロマリット企業最大手ゼネラル・エレクトリックを経てM&Aアドバイザリー業界へ。毎年数多くのM&A案件を成約に導き、東証一部M&Aファームでは業界トップの成績で3度社長賞を受賞。2017年よりテック系M&Aアドバイザリーの創業メンバーとして参画。僅か2年間で従業員数5名から200名へ拡大させ、2019年に独立し代表取締役として、あらゆる業種のM&Aを成約に導いている。加えて、日本の大手企業・中小企業のアドバイザーを務めながら、M&Aコンサルタントの育成に取り組み、自らエンジェル投資家として多数の有望スタートアップや中小企業の育成にも取り組んでいる。

– 弊社の特徴 –

弊社は、従来の「譲渡企業さまと譲受企業さま」の仲介役としての業務はもちろんの事、
「譲渡企業さまと経営者候補と出資者」という三者間M&A(通称サーチファンド型M&A)を推進しており、大学機関や地方銀行との連携や官民連携を強固にしております。
これは、国家的な事業承継問題を解決するにあたり、今のままでは圧倒的に譲受企業さまが不足しているという現状に対する解決策であり、更には譲渡企業さまのオーナー社長が後任の経営者を自ら選べるという点において、「身内承継とM&A」の中間点として安心して会社を譲り渡せる「最も必要とされている承継方法」であると確信しております。

また、弊社は実績や経験の乏しい人間をアドバイザーとして一切起用していないため、各人が譲渡後のリスクにも精通しています。よって、昨今横行している効率重視のサービスではなく、譲渡に向けた中期的な計画の策定から携わる事を最優先しております。

グローシックスキャピタル アイコン03

国内唯一の中小企業向け
M&Aアドバイザリー

中小企業の成約実績を多数有する唯一のM&A仲介企業、それがGrowthix Capitalです。

グローシックスキャピタル アイコン

各分野に精通した
アドバイザーを選抜

経験豊富なメンバーのみで事業を行い、中小企業のM&Aを行うプロフェッショナルが在籍

グローシックスキャピタル アイコン02

ご納得いただける
M&Aの進め方・手数料

規約外のリスクを払拭する丁寧な交渉とレーマン方式によるM&A手数料率を採用

お気軽にご相談ください

※秘密厳守にてご対応させていただきます。

– 成約実績 –

Interview 博悠会様xRiTEK様


Interview 大信薬局様